保存技術の確立

 教会建築は、日本古来の伝統的な材料や工法を活用して作られており、その修繕等にあたっても、在来の工法等を極力再現することが重要になります。



 既に出津、旧野首、旧大浦教会等において文化財保護に配慮した改修が行われており、その際得られた知見を今後の保存技術の確立や担い手の養成へと進めていくことが必要です。