世界遺産とは
 世界遺産とは、人類全体の宝物として各国が責任を持って破壊から守り調査保全し、次世代に伝えていくことを目的にしたものです。また、人類がお互いの異文化をより深く知ることにより、平和に貢献するという大事な目的もあります。

 1972年のユネスコ総会で採択された世界遺産条約により、一定の基準を満たす以下を加盟国からの推薦をもとに世界遺産リストに登録することができます。


 文化遺産・・・顕著な普遍的価値を有する建造物等(絵画、工芸品等動産は含まない)
 自然遺産・・・鑑賞上、学術上、保存上顕著な普遍的価値を有する地域


 大事な点は、リストに登録されることがゴールではなくて、そこからが保存のための本格的なスタートになるということに留意する必要があります。