教会堂棟梁 鉄川与助の紹介

 鉄川与助は、明治12年に長崎県上五島で代々大工棟梁を勤める家系に生まれ、昭和51年に97才の天寿を全うするまで、九州各地において教会建築をはじめとして学校、寺、事務所など多くの建築作品を残しました。

 在来の技術をベースに積極的に西洋建築技術を取り入れて独創的な作品を作り続けていった与助の人生は、近代建築の発展史そのものであり、彼のことを「棟梁建築家」と呼ぶ研究者もいます。

 特に明治末期から昭和初期にかけて、長崎県を中心に仕事として数多く手がけた教会建築群は、外国人宣教師や信者の熱烈な信仰に支えられ建設されたものです。

与助は外国人宣教師たちから大きな影響を受けました。フランス人宣教師ペルー神父からは、明治30年代に曽根・鯛の浦・堂崎教会等で設計指導を受けています。この時には、福江の大工棟梁野原某のもとで腕を磨き、すぐ棟梁格となっています。

 出津教会(外海町)を建設したド・ロ神父、旧浦上教会を建設したフレノ神父からも影響を受けています。特にド・ロ神父遺作の大浦教会司教館は神父との共同設計によるものです。


鉄川与助の手がけた主な教会(現存するもの)

明治40年冷水(上五島町)
明治41年堂崎(福江市)、野首(小値賀町)
明治43年青砂ヶ浦(上五島町)、 楠原(岐宿町)
大正 元年山田(生月町)
大正 2年今村(福岡県)
大正 5年大曽(上五島町)
大正 7年江上(奈留町)、田平(田平町)
大正 8年頭ヶ島(有川町)
昭和 3年手取(熊本市)
昭和 4年紐差(平戸市)
昭和 8年大江(熊本県)
昭和10年崎津(熊本県)
昭和13年水ノ浦(岐宿町)
昭和34年浦上(長崎市)