長崎県以外の文化財指定されている教会建築について


東京復活大聖堂
   (ニコライ堂)
(東京都千代田区)明治24年完成したもので、設計者はロシア
工科大学教授
シチュールポフ博士、工事監
督は、英国人コンドル博士です。
日本最大
のビザンチン式建造物です。
鶴岡カトリック教会(山形県鶴岡市)フランス人ダリベル神父の全財産と寄付によ
り、明治36年に
建てられました。明治ロマネ
スク様式建築の傑作として名高
い建物です。
聖ヨハネ教会堂(愛知県犬山市明治村 
  旧所在地 
京都市下京区河原町)
明治40年京都に建てられた日本聖公会の京
都五條教会です。

アメリカ人J.M.ガーディナーの設計になり、ロ
マネスク様式を
基調にゴシックのデザインを
交えたレンガの美しい外観です。
函館ハリストス正教会
復活聖堂
(北海道函館市)大正5年に建てられた聖堂建築で、設計は正
教会輔祭の
川村伊蔵によります。ロシア・ビザ
ンチン様式の変化に富む
外観が特徴です。


 長崎県以外では国宝はなく重要文化財は上記の4教会しかありません。
登録文化財には、カトリック松が峰教会、カトリック神田教会、日本キリスト教団札幌教会、日本聖公会川口基督教会等多数の教会があります。